家をつくる 社長のブログ
avelehome.exblog.jp

    avele Fairy Greet   社長日記。
リンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧
行政刷新会議。

仕分たは良いけれど

・・・・・

特別会計
を廃止するには法改正が必要なので
早くても2013年に法案提出らしいですが、
「衆参ねじれ国会」の状況下では実現は不透明だと。。。

この仕分け自体も多くの税金がかかっている。

スキームを明確にしてから、取り掛からなければ
パフォーマンスで終わる。

が・・・・

国民に対して、「こんなに無駄がある」と
政治家が前面に出て明らかにした事は、
今まで、官僚の顔色みながら何もしなかった方たちから見たら
善いことだと思う。

これからが大変。

悪質に物事を行おうととたら出来るから。

仕分けられない事業に対し、
成果が出ている事を糧に、
予算を多くつけられさえいれば、
収支の仕組みを更に複雑化させて、
そこに、天下りなどの不要な人材をねじ込んだり・・・・・

成果はあくまでも、
収益ではないのが、厄介。

全ての事業に対して
毎年、良い悪いの明確な判断を行い
予算付けをして、
企業再生のように、深いメスを入れることが必要だと思う。

まずは、与党だけが不明確な判断基準の中で議論していても
国会で議論しなければ、本当の成果は表れない。

ちょっと乱暴だけれど、
一度全て廃止にして、
今の時代に合わせ、本当に必要な事業をつくれば良いと思う反面
真面目に取り組んでいる官僚もいるのも事実なのだから、
政府がもっとリーダーシップを発揮して頑張らなければ。

・・・・・・それが難しい。
[PR]
by avele_home | 2010-10-31 08:28 | ブログ
賢さ。

昨日・・・・・
avele office2階の奥を
新しい会社のオフィスにしようと片づけている時に
ハウスメーカーから転職したばかりのスタッフから
「何かお手伝いしましょうか」と。

入り口に山積みにした
空の段ボール箱を
ゴミステーションへ運ぶのを手伝って貰うことを
お願いしたところ・・・・・・

何も考えない人間なら
そのまま持てるだけ持って、階段を何往復もする所が
彼は、カッターで全てを綺麗に折たたみ・・・・・
一つの段ボール箱に収納し、一度で運んだ。。。

出来る人には当たり前。

でも出来ない人には教えても応用が利かない。。。

目的があり
物事に着手するという時に
何通りかの手法があり、一番最良の手法を見いだせる人と
そうでは無い人とは、結果が同じように見えるが
依頼した方から見たら全く違う。

あとは自分をどれだけ長い時間「on」の状態に出来るか。

それが出来たなら
速度を上げて成長するでしょう。

成果を上げている人は
その事において緻密+熱い。

会社も個人も成長するには
そのバランスが必要。

頑張りましょう↑↑035.gif
[PR]
by avele_home | 2010-10-30 09:56 | ブログ
ドラフト会議。

ドラフト会議・・・・・・

始まりはNFLで契約金が法外にならないようにと・・・・・・

????

プロになるのだから
法外も何も無いと思うのですが。。。

その年の目玉になる選手は常に
全てを野球に奉げて来た、プロを目指す少年たち。。。。。

独占禁止法でしょうか。

その後、FAやメジャーへは
結果的に、現状では満足いかないからなのですよね。


突き詰めたら
プロならば全て費用対効果が合えば
法外だと思われる契約金を提示しても良いのだと思わなくも無い。


誰がいつ作ったか解らない慣わしでは
時代にそぐわないことも多々あると思う。

強さが偏るとか・・・・・・

が、結局、財力に力のあるチームは
どんどん助っ人外国人を呼び込んでいる状況。

結果、強弱が偏るのは当たり前。

でも勝ち負けは時の運。

ただ、勝つ確立をあげる。

何かとその時代につくった
その場限りのルール。

まぁ巨人・大鵬・玉子焼き
は今の時代では、喜ばれないのかも。

エンターテイメントだから良いのか。

ただ、人生をかけている
少年たちはその仕組みを理解しているのだろうか。
[PR]
by avele_home | 2010-10-28 22:06 | ブログ
本気。

社名変更し、
事業内容を様々な角度から検証して、
出来ていないところを徹底して見直し、

気がつけば5年が過ぎ・・・・・

会社スタンダードの向上を目指し
お客様満足度の最大化を図ることに取り組んできました。

受注も増え・・・・・・

社員も増えて・・・・・・

グループ会社も出来・・・・・・

2010年度は契約棟数も90棟に・・・・・・

が・・・・・・

満足が行かない。。。

それは

全てではないが
本気でビジネスを行っていない様を感じてしまうから。

本気でなければ、
お客様に、迷惑をかける。。

ビジネスは常にoneチャンス。

その重みを知っている者だけが
そのステージでお客様と真剣に接することが出来、ビジネスをすることができる。

作日、ブログを通してモデルハウスご来場のお客様から
私のところに御連絡を頂きました。

当社のスタッフが
お忙しい中、モデルハウスご来場して下さり
その時の接客はお褒め下さったのに
その後に手薄な営業を行ったとの事。。。

心からお詫びと
ご連絡頂いたことに対し、心から感謝申し上げます。

(当然本人も心から反省しています)

全社員が、今一度「お客様満足度の最大化を図る」という意味を
しっかりと認識し、お役に立てるビルダーとして
取り組んでまいりますので、
今後もご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

ホント
本気でやらないのなら
やらない方がいい。
[PR]
by avele_home | 2010-10-27 21:18 | ブログ
宮の森。

来春に札幌市宮の森で
完成予定の札幌オフィス・常設モデル用地に看板を設置しました。

e0099718_1053344.jpg


秋が深まって行く中で
時期的な問題でちょっと焦りながらも・・・・・・

planning図と照らし合わせながら
完成する様を想像していると・・・・・・

ワクワク感が止まらなくなる。。。。

来年も良い年に成るでしょう。

何事も仕掛けが大切。

そしてそれらを動かす人はもっと大切。

頑張りましょう♪
[PR]
by avele_home | 2010-10-26 10:54 | モデルハウス情報
チーム力。

毎日、色んな人と会い
色んな「気づき」があり、それに対して深く考え
自分自身の足りないトコロを知り、それらを補充して明日に立ち向かう。。。

その繰り返し。。。

最近想う
チーム力・・・・・・

NPO武道教育センター優至会

という空手団体の
運営に携わらさせて戴いている中で
多くの「気づき」があり、人の力を集めると凄いなぁと感じています。

一年四カ月前に・・・・

酒井代表と、
「地域の子供たちのために」と
大きなビジョンを掲げてスタートしたのが
つい最近のように思います。。。

気が付けば・・・・・

恵庭・千歳・室蘭を指導する
酒井代表の強烈なリーダーシップの元、

札幌 渡部紫苑指導員

北見 越智 勝 指導員

小樽 北濱精悦指導員

苫小牧 塚本鉄兵指導員

極真空手世界代表 酒井祐樹先生

・・・・・・・・

皆さん知る人ぞ知る
極真空手の
世界チャンピオンや全日本チャンピオンや北海道チャンピオン。

共通して言えるのは
極めた人間こそ偉ぶらない。

それは必要が無いからだと思いますが・・・・・・^^

何より、皆さん仲が良い。
常に楽しそう♪

それが一番大切なこと何ですよね。

人の上に立ったり、
人よりも多く欲を持つ事で
時に辛く苦しい事があるのは当たり前。
プレッシャーで眠れない日々なんて良くあることです。

でも、同じ志を持った仲間が集まり力を出し合えば・・・・・・・

必ず上手く行く!

やはりコミニュケーションで
様々なリスクを回避する事が出来るのだと感じます。

皆さんを見ていて
出来ていない事があるなら、何とか出来るように学び、
まずはチャンピオンの肩書きは置いておいて、真摯に実践する様を見ていて、
世の中には頭でっかちで、ヘンテコなプライドばかり気にする大人が多い中で
中々出来ないものだと感心させられます。

近い将来
空手の技術だけではなく、各地域で、武道を通じて、先生たちが
地域の子供だけではなく、大人も巻き込んだ、青少年健全育成を行えればと考えています。

机上の空論や一過性のものではなく
常に、子供と接している中で、各々が感じたことを検証し
一つのプログラムをつくり、地域の子供たちに落とし込む事が出来れば・・・・・・

一流を目指し続ける人は
常に多くの人に必要とされる。

チーム優至会。

これから楽しみです!

http://yu-shikai.sakura.ne.jp/

このHPは
Greethomeの高畠がつくってくれました^^
[PR]
by avele_home | 2010-10-25 23:15 | 経営。
人材育成。。

チロルチョコ松尾社長がインタビューで

「人は育てるものでなく育つもの」

「人間は最もややこしく厄介な存在ですよ。
人が人を育てるなんて、しょせんできることじゃありません。
松下幸之助さんを始め、これまでにたくさんの優れた経営者が輩出されていますが、
人材育成がうまくいった人はほとんど皆無です。
ですから僕は人を育てるなんて考えたこともないし、考える気もない。
そもそもそんなことにかかわっているヒマもありません」

・・・・・・・・

本気でここまで想っているのかは
別としても、「他人と過去は変えられない」のは事実。。。

経営者としては、
チャンスは与えてあげられるが、
それを自分のモノに出来るかどうかは自分次第。

自分自身で

「気づき」

「目標設定し」

「足りないスキルを向上させ」

自らがやるしかない。

自分では育ったつもりでも
第三者から見れば、「以前よりも良い」程度なのかも知れないし
しっかりと、会社が進むべき方向性と歩みを合わせて、
「軸」となるくらい成長しているのかもしれない。

必ず成果も結果もある。

自己満足に酔いしれる時間など無い。

または出来ない自分を
「しょうがない」と自分自身を甘やかせている場合でもない。

今、行っている事柄は
まだまだ成長過程であり、登山で言えば三合目。

三合目で満足したなら
三合目でしか通用する人材に成れないし
上を目指すのなら、それに備えたスキルが必要となる。

我々の会社はまだまだ成長します。

企業は人なり。

古い新しいは関係無く
平等にチャンスを手にすることが出来る環境をつくり
出来る人は更に出来る場所へ
出来ない人は、その人が出来る範囲の仕事だけをする。

人が多くなり
高い判断能力が必要とされる。
高い判断能力が身に着いていないのなら
身に着いてなくても、判断が正確に行われる手法を考えなければ
その場所では仕事は出来ない。

ビジネスはどの場所で仕事を行ったとしても
「楽」ではない。

だから
甘えは捨てさらなければ成らない事を
まずは、自分自身に教えてあげよう。
[PR]
by avele_home | 2010-10-24 09:07 | 経営。
でふれ。

今・・・・・
色々な業界が価格を下げていく・・・・・・・

飲食業界でも
店舗に入ると、店員さんが少ない事に気が付く。。。

薄利でなければ
集客出来ないのが原因なのだろうが
まともなサービスを受けられないのが
大変困る。。。


大型日曜雑貨店も
聞きたい事が沢山あるのに
店員さんが見当たらないので聞けない・・・・・・


建築業界も・・・・・

必要人員を減らし

粗悪な材料を使い

何となくの見た目だけはそれなりで
低価格に設定している上
営業者の言葉だけが巧み・・・・

勿論深くまで「建築」の事を知らない
お客様は何となく購入してしまう。


常にお客様に「嘘」を伝えなければ成らず
でも、辞めてしまえば責任はその営業者には無い。。。

会社に問い合わせても
「担当者は退職していますので……・代わりの者を行かせます」

その後は何度問い合わせても
ノラリクラリの繰り返し。。。

残念ですが現実に起っている話です。

そもそもの仕組みがヘンテコだからそうなるのです。

住宅は
気に入らなかったら簡単に
買い替えられるわけではありません。

何度もブログでも書いていますが
我々の仕事は
生き方に合わせて、幸せに過ごせる一生に一度の財産をつくる。

だからこそ常に最新で最良を目指し
一棟一棟に対して
全力で「仕事」を慎重に行い、
お客様満足の最大化を図らなければならない。

それが結果的に会社に利益を得ることになり
個に還元される。

その仕組みをつくる事が出来なければ
終わりを迎えます。

この世の中で
安くてそれなりのモノはあるかも知れませんが
安くて良いモノは継続的には滅多に有りません。。。

ホント滅多に。
[PR]
by avele_home | 2010-10-21 07:31 | 経営。
経営者の条件。

ドラッカー氏の著書を
いつでも手に出来るようにしています。

それは・・・・・

内容を理解するのではなく、書かれている事柄を習慣化させるべきと考え・・・・・・・

e0099718_1715553.jpg


ドラッカー氏の著書は
ビジネスを進めるにあたり、
経営者のみならず、新入社員も是非読むべきだと思います。

今の自分の能力や才能で
成果を上げる事が出来るのか・・・・・・・

上げ続けることが出来るのか・・・・・・

考えたら、不安でいっぱいになる。。。

だから学ぶ。

良いと思うことは何でも自分の中に入れて見る。
それで使えそうな事柄はカスタマイズして、モノにする。

まずは頭で理解するだけではなく
良い習慣を身に付けるべきなのですよね。。。

出来そうで出来ないことは沢山あります。

でも出来ないままで良いのか。

今の出来ない自分のままで良いのなら
学びを止めてしまうのも、自分自身の人生。

成果を上げ続ける事は
そんなに甘くは無い。

甘くは無いから、誰にでも出来ることではなく・・・・・・

それを行った者だけが
味わうことが出来る至福の時間なのだと思う。

勿論個人差はありますし、
ビジネスだけが人生ではないという人が
いるのも理解しています。

でも、「働く」のだから成果を目指さない無い仕事では
その時間で学びが多く存在するとは思えないのです。

もっと言えば、周りに迷惑を掛けてしまうかも知れない。。

成果をあげようと考えたら
上げるためにどうしたら良いのかを考える。

思いつかなくても、
その想いさえあれば、必ずチャンスは訪れる。

その繰り返しで
潤沢な想像力と、必要な経験をするのだと思います。
さらに難題を解く鍵が見つかり、その手法を手にする事ができる。

毎日実践で経験する事も〇

それに備えて学び準備しておくのは◎

この本は是非読んでみてください。
[PR]
by avele_home | 2010-10-20 17:34 | 読書
修士論文。

修士論文・・・・・・



ちょっと苦戦してまします。。。

論文を書いていると
当初考えていた出口が変わりそうになる・・・・・・

何故か・・・・・

それは研究内容に
知らなかった事が沢山ある事に気づくから。

ん・・・・・・

どうしても
「意味」を探してしまう。。。

そんな事を日常でも繰り返していると想う。

でも、「そんな事」を繰り返さなければ
「そんな事さえも乗り越えられないと思う」。

「そんな事」

・・・・・・・・

簡単にそうに見えて
「そんな事」は決して簡単な事では無いんですよね。

でも意識して「場面」を知ればそんなに難しくはない。。。

だから

学んで
たくさんの知恵をカスタマイズして
知恵に変えて明日に挑む。

その繰り返し。

「出来ない」は無し。

必ず出来るから。

というか

明日から出来るようになろう。

もしかしたら間に合うかも知れないし
もしも間に合わなくても、違う環境では必ず必要だから。


その向上心があれば自分は救われる。

もっと深く考えれば周りも救われる。

それを知る事で人の力を借りる事が出来るのかも。

そう思う。
[PR]
by avele_home | 2010-10-18 21:53 | ブログ