家をつくる 社長のブログ
avelehome.exblog.jp

    avele Fairy Greet   社長日記。
リンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ここから。

avelehome

は社名変更し5年経過し・・・・・・・

その間、

リーマンショック



サブプライム問題

・・・・・・・

総理大臣も6名変わるという滑稽な国のもと

国全体が深刻な経済状況へ。。。


『09年に札幌へ本店移転』を計画して来ましたが
時世を見て、一度見直しをし、恵庭・千歳のエリアで、ブランドを増やし
より多くのお客様に、支持されたいと考え、Fairyhome・Greethomeを立ち上げました。

そんな中、
地道に一年一年売り上げを伸ばし
成長を続け、今年も過去最高の契約件数・売り上げを
計上する事が出来ました。

気が付くと、契約件数の半分が札幌市内・近郊に・・・・・・・

これも全ては
お客様をはじめ
携わっていただいた全ての方々のお陰です。

「ブランド力」に手応えを感じている今のチャンスを
どう生かすべきなのか。

もう一度、検討をしようと思います。

ここから先に選んだ手法は
大きく、avelehomeの今後を変えて行くことでしょう。

全てはここからです。
[PR]
by avele_home | 2010-06-30 21:38 | 経営。
「私は我が運命の支配者、我が魂の指揮官」

「インビクタス / 負けざる者たち」

ネルソンマンデラ大統領の奇跡の物語。。。


マンデラ氏の言葉で

「私たちが最も恐れているのは、私たちは不十分なのではないかということではない。 私たちが最も恐れているのは、私たちは計り知れない力に満ちているということである。

私たちを最もおびえさせるのは、私たちの光であって、闇ではない。才気あふれていて、すばらしく、才能にあふれ、信じがたいほどであるためには、よほどの人物でなければならないと、私たちは思っている。しかし、実際にはそうでない人がいるだろうか。

あなたが小さな役割しか演じないことは世界にとってうまくいかない。縮こまって、あなたの周りの人が安心できるようにすることには、人の目を見開くようなところは何もない。

私たちは、自分たちの中にある賛美に値するものを表現するために生まれてきたのだ。それは限られた人々のものではなく、すべての人の中にある。

そして、私たちが元々自分の内にある光を輝かせてやる時、それは無意識のうちに他の人にも同様のことをする許可を与えている。

私たちが自分の恐れから自らを解放する時、私たちの存在は自動的に他の人たちをも解放するのだ。」


人の価値を尊重する姿勢が絶対条件・・・・・・・

30年間投獄されたが
投獄した人物を許したと・・・・・・・

「許すとは最強の武器であり、
 許すことで心が自由になる」

・・・・・・・・

一生覚えておかなければ成らない言葉ですよね。

そして最後に

「私は我が運命の支配者、我が魂の指揮官」

運命の支配者は自分自身。

本当にそう思います。。

色々な学びが詰まった映画。。

DVDの発売予定は7月14日。

レンタルでも良いので
観てみる価値があります。
[PR]
by avele_home | 2010-06-28 22:27 | ブログ
スイッチ。

人は何かのきっかけで
スイッチが入るのだと思う。

それは
刺激を与えてくれる人に出会った時や
自分がやるべき事が明確になった時など
何かがきっかけと成って、人は目標を明確にして
自分のやるきスイッチをONにする。

誰にでもその機会は訪れる。

が・・・・・・・

思考を途中で止めてしまったり
思考が深く進むにつれて、物事を行うにはハードルが高い事に気づき
逃げ出してしまう。

でも逃げ出すのは

シンドさと

目標を達成する自分を

天秤にかけた時に

シンドさの方が重かっただけ。

生きていて楽なことって無いものですよね。

その時に考えた目標が
今の自分のスキルでは足りないとしたなら
そのスキルを身につけなければ、乗り越えられないのは
当たり前のこと。

でも人間は自分の事となると甘やかせてしまう。

まずは学びが少なすぎる。

と同時に経験が足りない。。

だから出来ない。。。

いやいや
まだ持ち時間が残されているのなら
まずは、自分に関係のある色んな事を明確にすべきですよね。

人は楽をしては幸せになれない。。

リスクから逃げても駄目だし
ノープランのリスクを抱えても駄目。

難しいけれど
難しいままにしておいては
ずっとそのまま。

でもそのままな訳もない。。

ちょっと考えてみましょう。

社内でも社外でも
スイッチがONになっている人を見かける。

とても良い刺激になる。。

まずはどんなものか
ONにしてみよう。。。
[PR]
by avele_home | 2010-06-27 19:47 | ブログ
greet home

greet home



新しいモデルハウスがopenしました056.gif

「新しい感覚の北欧デザイン」

雑貨屋さんが好きな方なら「ピン」と来ると思います^^

価格も低価格を実現しています。

詳しい内容は是非モデルハウスで060.gif
[PR]
by avele_home | 2010-06-27 08:20 | モデルハウス情報
ライフスキル。

最近・・・・・
若い世代の方々が
どんな価値観で、どんな常識で生きているのか
私としても興味があるので、様々な機会をつくり会って話しをするようにしています。

始めは勝手な先入観で
甘やかされて生きてきたから「欲」が無いから色んなことに対して頑張らない。

全く先の見えない今の時代では
踏み出すにも踏み出せずに、「安定」を周りから求められるから
それに甘えている人もいる。

そうかと思えば
せっかくのチャンスをヘンテコな目先のお金だけを考えて
「無」にしようとする人もいる。

・・・・・・・

でも全ての人ではない。。

賢く、自分の世界感を持ち、若いながら自分を検証し
ビジョンを持って生きている人も少なくない。。。


ふと想う。

いつの時代も、何も変わっていないことを。

ただ、時代背景は変わる。

が・・・・・
その時代その時代で、生きるためのスキルを身につけている人は
何とかチャンスを手にして前に進む。

確かに昔とは情報のスピードも量も比べものにならないので
頭でっかちになりがち。

でも、結局のところ
人間は、一歩づつ歩みながら
上手く行かせるために悩み、上手く行かないことに悩み
それを解決するために必要なスキルを身に着けて、生きていく為に必要なライフスキルを
装備して、次のステージへと進む。

それが出来ない人はいつの時代も
一つや二つの事や、その時代にしか通用しない事が出来たとしても
環境が変わると、応用できない。。。

・・・・・・・・

周りとの温度差に気が付かずに
全く見当違いなところで満足し始める。

怖い・・・・・・

更に通用しない自己満足が更なる温度差へ・・・・・・


年代



時代

は関係ない。

出来ない人はいつの時代も出来ない。

気が付くと私が若い頃、
人生の先輩に、熱く語られて「ちょっと面倒」と思った時期を思い出す・・・・・

私もきっと「ちょっと面倒」だと思われる世代になって来たんですよね。(笑)

でもそのちょっと面倒な人の話を聞くのと聞かないのとでは
難題が山盛りの今の時代で、次へ進むための攻略難易度が変わると思います。

私もまだまだ若いので頑張ります^^

おぉぉ気が付くと6時。

今日も一日「いい日」であります様に♪
[PR]
by avele_home | 2010-06-24 05:59 | 社会問題
10%



歴代の悪い政治家と官僚の皆さんと
全てを政府任せにして来た国民のおかげで・・・・・・・・

この国は
これから大変な額の借金を子供たちが
支払っていかなければならない。。。

それを想うと若者に夢を持てなど言い様もない。。。。

これからの時代は
賢い人間は起業の道など選ばなくなるのでは。

消費税が10%に上がったら
しばらく国民が慣れるまで、購買意欲が極端に下がる。。。

それどころか今の状況では
その上がった税収の使い道もまた結局有耶無耶にならないのか・・・・・・

他にやれる事は多々あるだろう。。。

まずは何も出来ない議員数を減らし・・・・・・

天下りを全廃。

仕分け作業のみに留まらずに・・・・・

国が持っている使い道が明確ではない不動産を売却。。

公共施設は全て質素な建物にするべき。
(どうして税金で建てる建物がそんなに立派なのか)

パトカーはクラウンでなければならないのか???

など・・・・・

やれることを全て行っても
まだ足りないと言うのなら、国民も納得するだろう。



参院選挙がもう少しで行われる。。

是非候補者の話を公開討論会などで聴いて
投票し、その後検証すべき。

選挙が終われば
公約なんて何処へやら・・・・・で
有権者が無関心では、結局何も変わらない。

子供たちに夢も希望もない国で暮らさせるわけには行かないですよね。
かと言って、大きな意見を述べる環境にあるわけではない。
自分に出来る事をしっかりとやる。

選挙に勝つためだけに
笑顔で、理想論を言う候補者たち・・・・・

何もやらないし、楽な手法と誤魔化しの繰り返しになり、
何とか自分の代だけは、守られたいと願い、不正を働きながら
やっている風味の事を言う。

監視が必要。


国民に選ばれなければ、政治家になれない。

政治家にしようと投票した有権者が
その後監視していれば
民意を無視せずに、国民に負担の少ないところから改善するだろう。

比例なんてのも辞めたほうが良い。


こんな事をいつまでも繰り返しても
この国は良くならない。

疲れますよね。
[PR]
by avele_home | 2010-06-21 19:24 | 社会問題
送別会。

長い間
経理を担当していてくれたスタッフが
一年半前から、病に侵され、
しばらくの間、休職していましたが、先月末で退職しました。

休職以前から馴染みのあるスタッフと
一緒に送別会を056.gif


色々考えたけれど
明るく楽しい時間を過ごした方が良いと考え
得意の高めのテンションで話続け・・・・・・

モエからはじまり・・・・・・
ワインへ・・・・・・

あっという間に時間は過ぎ・・・・・・

シェフが席まで来てくれて

「今日はありがとうございました。」



「美味しかったですよ」

シェフ

ちょっと間が有った後で

「そろそろ閉店となります」

??????

楽しい時間はあっという間に過ぎ・・・・・・

シェフのその言葉で中締め(笑)

終始お客さまは我々だけ。

その後
主役を見送り・・・・・・・

せっかくなので
来ていたメンバーで呑みました^^

最後のハイボールが効いて帰宅。

それにしても
病は怖いですよね。。。

自分で気を付けて
回避できる病であれば良いのですが
いきなり無条件で病魔に侵されるのは、自分自身納得させるのに
半端ではない時間を有すると思います。

完治出来ると良いですが・・・・・・

祈るしかないというのも辛い話です。

今現在毎日を健康で過ごせていることが
どれだけ幸せな事なのか。

自分は常に生かされていると感謝して
一日を大切に過ごしましょうね。。。
[PR]
by avele_home | 2010-06-18 19:52 | ブログ
戴き物。

昨日、
会食を終えて、札幌の自宅に帰宅し
もう少し呑みたいと想い・・・・・

何か無いかと戸棚を開けると・・・・・・

ワインが数本。

その中で購入した覚えが無いワインを見つけて
取り出すと・・・・・

先日・・・・・・

娘のクラスメイトを
学校帰りに預かり・・・・・・

そのお礼にと戴いたというワイン。。。

聞いてはいましたが・・・・・・

中々呑む機会に巡り合わず。。。。

コルクの部分が明らかに違う。

GEVREY-CHAMBERTIN 1998

コルクを丁寧に開けて

ティスティング。。。

素晴らしい・・・・・・

呑んだ後に口の中に残る何とも言えない風味。。。

少しの筈が・・・・・

全て呑んでしまいました^^

素晴らしいものに出会えた余韻を楽しみ・・・・・・

眠りに着きました。

贈り物というのは
高価なものがどうとかではなく・・・・・・

贈り主がどんな想いで
贈りモノを選び、送るのかが伝わりますよね。

贈って頂いたご家族は
お父さんがお医者さん。
お母さんはマナー教室の先生。

さすが・・・・・・

何とも言えない時間を楽しませて頂きました。
お心遣い本当に有難うございました。。
[PR]
by avele_home | 2010-06-17 08:04 | ブログ
セルフコンセプト。

スポーツドクター 辻秀一氏のブログより

スポーツ、特にゴルフは自分の中にある固定概念、セルフコンセプトとの闘いです。

このセルフコンセプトを柔軟にしてかつ質のよいものにしていくことがスコアアップの秘訣です。

ところが、このセルフコンセプト一旦固定化されてしまうとなかなかパターン化されて変わりにくいのです。このパターンにそって行動したり思考したりする方が居心地がいいという特徴があるからです。
変わりたいといっているくせに変われない自分がいるのはこの固定概念が今の自分を居心地よしとしているからに他なりません。

わたしは上がり3ホールはたたいてしまうとか、あいつと回ったら駄目とか固定化されてとらわれているとそれに導かれてそうなってしますのです。

このセルフコンセプトが一番の敵!そこでこの固定化されやすい厄介なセルフコンセプトを柔軟にする努力が必要です。

その練習の1つが日々の生活にチャレンジを入れること。

いつもの自分のパターンに甘んじることなく、ちょっとした勇気を持って行うことをする、その精神をチャレンジといいます。いつもこちらから挨拶しない人にするとか、メールのところを手紙書くとか、会議では前の真ん中にすわるとか、などなどです。

結果は問いませんが、この精神をいつも持つことが右脳の血流を維持し、柔軟なセルフコンセプトを形成していくことになります。

一日一チャレンジを合言葉に日々の生活を過ごしてほしいと思います。最大の敵は自分の中にある固定化された概念であることを知りましょう。

結果を変えたければ、この概念を変えるしかないのです。

 変わらない居心地の良さではなく、チャレンジよる変化のよさを体験していきましょう。


何となく不具合がある時は・・・・・
原因が必ず有ります。

しかし、その原因に対して改善策を見出して
日々改善して行かなければ、急には出来ないんですよね。

セルフコンセプトが固定化するのも
物事が上手く行かない一つの要因。

知っている方とそうでは無い方では
そう言った状況になったときの、
不のスパイラルからの脱出方法が一つ身についているから
抜け出すことが楽になりますよね。

原因不明のスランプに悩まされて
時間だけが過ぎていくのは、勿体無いですよね。

でもそれも日頃から学んでいるか否かで変る。

辻先生の「日常にチャレンジ」という手法を
取り入れてみると、今までとは違った結果が必ず出るし
様々な事柄に乗り遅れずに済む。。。

常に同じ毎日を過ごしていると
違った視点から物事を見る事ができなくなるんですよね。

一日一チャレンジ。
是非やってみましょう♪
[PR]
by avele_home | 2010-06-16 18:59 | 経営。
イノベーション。

どうして
ファミレスでは入り口に灰皿を置き・・・・・・・

喫煙所にしているのだろう。。。

店内で分煙にしている方が
吸わない者にとっては良いんですよね。。。

食前に嫌な思いをして・・・・・・

食後にまた嫌な思いをする。。。

不思議。

全席禁煙で
客脚が減ることを危惧しての事だと思いますが・・・・・・

そろそろ色んな事を徹底し
全てのレベルが上がるべきだと思います。

今まで

「この業界はこの程度」

だった業界がチャンスだと思います。

だって紳士的な対応が不可能とされた
業界で、そこで働く人が紳士だったならば
必ず仕事の依頼が来ると思う。

全てはイノベーション。

今行われている事が当たり前では決して無い。

資金をかけても改善すべきことは
費用対効果を考えて行うべきだが、

資金をかけなくても
改善できることは山ほどあるはず。

まずはそこから始めよう。

それがレベルアップの第一歩。

そうすることで
それを求めたお客様が仕事を依頼する。

解り易いのは
引っ越し屋さん。

昔は、

ちょっと汚く・・・・・・

強面。

荷物を雑に扱われても
「こんなもの」ですまされていた。。。

が・・・・・・

今は
いつの間にか全スタッフ礼儀正しく・・・・・・
清潔感を売りにする。

しかも丁寧で、マンションならば
下の階の住人にまで挨拶に来てくれる。。。

そんな感じです。

やる気のある会社は躍起になって真似をし・・・・・

いつの間にか
その業界ではスタンダードに。。。

問題点を挙げて
改善する作業を行える能力が有る人と無い人。

もしも無いのならば意識して目を凝らすべき。

結構「それって当たり前」が出来ていなかったりする。。。

どちらにしても
変だと違和感を持ったときには
違和感で留めずに、どうすれば改善されるのか?を真剣に考え
相談し、具現化するべきです。

まずは
自分が出来ていない事や
常に指摘されている事を素直に改善し

少し大きな視野で考えてみよう。
[PR]
by avele_home | 2010-06-15 20:34 | 経営。