家をつくる 社長のブログ
avelehome.exblog.jp

    avele Fairy Greet   社長日記。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:メンテナンス費用軽減( 4 )
メンテナンス費用軽減 (木材編)

今日は当社で使用している木材について少しお話しますね。。。

当社の木材は「パワ-ウッド」という木の目が反る方向と反る方向を合わせて
作った木材を使用しています。

e0099718_14543837.jpg


そうすることで、「反り」が改善されるだけではなく「ねじれ」・・・・・・・

更には木材の強度を普通の木材に比べ約1.8倍上げることが出来ます。

確かに価格も高いですが、建物にとっては物凄く重要な事だし、
自分の代だけではなく、次の世代が使える住宅を目指すには
必要不可欠です。

更に当社使用の木材は「JAS規格」商品。

様々な品質基準をクリアした木材です。

e0099718_1555075.jpg


当社で建築する住宅の主構造部には全て使用しています。

勿論F☆☆☆☆・・・・・・・これはホルムアルデヒドの評価ですが一番良い評価です。

木材にはキチンとした検定を受けていない物が多く、
それが原因でアレルギ-を反応する方が多くいます。

特に構造体を現したつくり・・・・・・

敏感な方ならボ-ドの中で見えないとは言え、反応するそうです。。。。

建てる前に必ずどんな木材が使用されるのか確認が絶対必要です。

検定をキチンと通っている物は全て表示されています。

勿論建築業者の中ではそこまで知らない事も多いのも実情です。

これから建てられる方は必ず確認をしてみて下さいね。
口頭だけで説明を受けるのではなく、現場を見せて貰う事が大切です。

悲しい事に色々適当に理由を付けて現場を見せない業者もいるそうですが・・・・・・・

とにかく細やかな部分まで何が使われているのかを知る必要があります。。。


皆さんもメンテナンス費用に多額のお金を支払うのは嫌でしょうし
出来れば、次の世代の自分の子供達やもしも、転売時期が訪れたとしても
評価だけではなく、気分的にもしっかりした建物を受け継がせたいですよね?

現在再生住宅は全体の20%と言われていますが
今の団塊世代Jr達がリタイヤ時期を迎える頃には、たくさんの再生住宅が存在するでしょうし
今の段階からそうなるように、しっかりした建物を作り、仕組んで行けば・・・・・・・

またその子供達が物を大切にする事の重要性に気づいたり・・・・・・

一番は地球資源を守る事にも繋がると考えます。。。


目先だけでは何事もいけないですよね・・・・・・

気が付いた人から地球市民意識を高めて何か行動を起こさなければ。。。。。

木材のご紹介だったはずなのに。。。

いつの間にか話の軸が違う方向に・・・・・・・

でもどんな事柄でも
「良い事」は何故かそんなの「キレイ事」だと言う残念な日本人も多く見受けられますが
そこを何とかする事で第一歩目の問題解決の入り口にあるハ-ドルを超えられかと思います。

常に社会起業家意識を持ち続けたいと思います。
[PR]
by avele_home | 2007-02-23 16:28 | メンテナンス費用軽減
メンテナンス費用軽減 (換気編)


今日は当社の住宅に搭載している換気システム
をご紹介してます。
1960年代にスウェ-デンで開発された換気システム「エアロバーコ」
を使用しています。

e0099718_1840976.jpg


まず昨今日本では高気密住宅がスタンダ-ドになったため
24時間換気システムは建築基準法改正により義務付けられています

にも関わらず、性能はまちまち・・・・・・

建築基準法の最低レベルをクリアするだけなら換気扇でも検定は合格
・・・・・・・

???????目的はいったい・・・・・・・

住宅を建てられる方はそんなことは当然知らない・・・・・・

換気扇レベルの物が付いていても「換気システム」とお客様に伝える業者があるそうですが
計画換気をしなければ室内の汚染された空気は換気されません。。。

そのような業者は淘汰されると思うのですが、
1棟でも誠意の無い会社が家を建てたと聞くと何とも言えない心境になります・・・・・・


話は戻って・・・・・

当社使用の換気システムが何故メンテナンス費用軽減
になっているかというと30年間も心臓部のモ-タ-が共通規格なので、常に部品は存在しています。

というのは、

実績の薄い換気システムの場合、ある一定の基準を満たすまでに何度もモデルチェンジを
繰り返している為、故障が起きたら部品が廃盤になっている事が多く有ります。

エアロバーコは30年以上の実績を持っているために、完成度も高く、メンテナンスも楽に行われる仕組みになっています。

その中で大切なのが室内ダクト。

スパイラルダクトとフレキダクトが有ります。

■スパイラルダクトの場合・・・・・・・・

亜鉛メッキを使用し流量計算も正確に行え
ホコリなど不純物が溜まらないので、長きに渡りメンテナンスの必要がなく
衛生的です。

■フレキダクトの場合・・・・・・・
掃除機のホ-スのような形状なので、施工は専門家ではなくても出来ますし、価格も安いですが、ホ-スの凹凸の部分に不純物が溜まるので、衛生的とは言えないし、いつかはメンテナンスが必要になる。

なので当社は勿論スパイラルダクト
を使用しています。。。。

室内換気は大切な事です。
窓を開けても風向きによっては換気されないし
どんなに化学物質が入っていなかったり、数値の低い部材を使用しても
家具などは中々改善されていなかったりします。。。。

なので、高気密住宅には高性能の換気システムが必要なんです。。。。

活字だけでは伝わらないと思うので、是非換気についてお話を実際に聞きに来てくださいね^^
[PR]
by avele_home | 2007-02-14 18:44 | メンテナンス費用軽減
メンテナンス費用軽減 (外壁編)

前回に続きます・・・・・・
10年後には訪れるマイホ-ムメンテナンス。。。。

当社のお客様は20代~40代の年齢層が多く
35年ロ-ンを利用される方も少なくないです。

当初新築する時はまさか10年後に200万円近くのメンテナンス費用が発生するなんて
考えない方が大半ですし、何より施工業者が全く説明しないのが現状です。

そんな中、数ある建築ビルダ-の中から折角当社を選定して頂き・・・・・・

建ててお付き合いが終わりでは無く、建ててからのお付き合いなのに・・・・・・・

多額の費用が発生するメンテナンスの事を説明せず、施工する事に疑問を抱き・・・・・・

でも説明するだけでは何の解決にもならないと考えて様々な事を改善して来ました。。。。


今日は何故「ガルバリウム鋼板」を外壁に使用するのか?を少しお話したいと思います。

北海道ではほとんどの住宅を新築する際に「サイディング」を使用し施工しています。

サイディングは施工も簡単ですし、何よりコストが低く済む所に利点が有ります。

しかし、ほとんどのサイディング(高価なサイディングを除く)は板材と板材の間に「コ-キング」施工をしなければなりません。

e0099718_10293592.jpg


まずこの「コ-キング」の劣化が問題なんです。
写真にある真ん中のラインが「コ-キング」です。

コ-キングが劣化すると「ひび割れ」が起きます・・・・・・

するとそこから水が入り、木材を腐食させたり壁内のあらゆる材料に悪影響を及ぼし
結果的に住宅の寿命を縮める事になります。

南面の日当たりが良い面だと10年経たずに劣化します。

例えばこのコ-キングを再度施工する事になったらどんな費用がかかるか・・・・・・・

○足場施工

○コーキングをカッタ-で取り除く作業

○コーキング施工

○サイディング塗装

○サイディングの腐食部分張替え

○養生費

○諸経費

足場を折角かけるので屋根も一緒に塗装する事も多いです。

となると、200万円近く費用がかかります。


そこで当社は「コ-キング」の必要が無い

ガルバリウム鋼板を外壁に使用し施工しています。

(乾式タイルもコ-キングが必要無いですが、コストが高く一般住宅に使用することは難しいですし、センスの良い物になると更に高額です。)

e0099718_1040373.jpg
e0099718_10405519.jpg



ガルバリウム鋼板と言っても素材を見極めないと変色が多く・・・・・・

当社使用のガルバリウム鋼板はアルミ二ウムが55%入っていて、塗装も変色が
一番少ない素材のメ-カ-を選んでいます。

一昔前の亜鉛トタン(屋根に使用している物)はアルミが20%しか入ってなく10年経つと
錆が出ると言われていました。

でも当社使用のガルバリウムは屋根で使用しても10年保証している物で
しかもそれを壁に使用しているので、さらに耐用年数があります。

ガルバリウムで施工しメンテナンスをする場合は変化に応じ塗装するだけで済みます。

当社は確かにデザイン性も高める為にもガルバリウムを使用していますが
何より長きに渡り安心して暮らせる「いい家」をつくる為にガルバリウム鋼板を使用しています。

前回もお伝えさせて頂きましたがやはり一度ショウル-ムかモデルハウスへご来場下さい^^


今度またその他の「メンテナンス軽減」への取り組みについてもお話させて頂きますね。
[PR]
by avele_home | 2007-01-29 12:20 | メンテナンス費用軽減
メンテナンス費用の軽減 (断熱編)

今日は当社が行っているメンテナンス費用軽減を考えた施工の数々をご紹介いたします。

○オリジナルウレタン硬質パネルを使用した外断熱工法

○オリジナルガルバリウム鋼板を使用した外壁

○「反り」や「ねじれ」を防ぐ主構造体にパワ-ウッドを使用

○35年の実績を誇るスウェーデン製24時間換気システム エアロバ-コを搭載

○地震に強く、水道管から出る「錆」や管腐食の心配が無く、半永久的に使用できる水道管

その他にも多々有りますがまた機会を見て・・・・・・


その中で今日は外断熱工法についてお話します。

当社は全ての住宅にウレタンパネルを使用した外断熱工法で施工しています。

まず何故建築コストを上げてまでも外断熱工法で施工するか?

当社はメンテナンス費用を軽減する為と、長きに渡り断熱性能が下がらないようにを考え
ウレタンパネルによる外断熱施工を使用しています。


通常使用されている「グラスウ-ル」と呼ばれる断熱材は低コストだし
施工も簡単。。。

しかし問題が・・・・・

               グラスウ-ルは水分が含みやすい(窓周りが特に)
e0099718_15574393.jpg

 沈んでいるのがグラスウ-ルです(約5時間で水没しましたがウレタンパネルはもう何ヶ月もこのままです)
e0099718_15575784.jpg

(グラスウ-ルには黄色い物と赤い物が有ります)
                        ↓
                   それによって収縮
                        ↓
              隙間から外から冷たい外気が入り込み
                        ↓
                  壁の中で温度差が生じ
                        ↓
                   壁内結露の原因に。
                        ↓
        壁の中が黒カビで腐食していくだけでなく、人体に悪影響を及ぼします。

e0099718_15565538.jpg


マイホ-ムの外壁を張替えする時期になった時に
剥がして見たら黒かびだらけだとしたら、そのままに出来ないですよね?
断熱材は入れ替えなければならないし、木材が腐食しているとしたら木材交換まで・・・・・・

費用もかかるし、何より折角建てたマイホ-ムなのに気分がよろしくないですよね?

ウレタンパネルでの外断熱工法で施工したら壁内結露の心配が有りません。
しかし、キチンとした知識と技術力で施工しないと
せっかくの外断熱工法でも断熱性能が低くなります。

この寒い北海道ですから。


何の理論も無く
「今までコレで施工していますから大丈夫です」
と言う業者もいるようで・・・・・・・全然大丈夫では有りません。。。。


是非一度当社のショウル-ムか千歳か恵庭のモデルハウスにご来場下さい。
施工についても解りやすく御説明をさせて頂きます。

当社はデザイン性にも物凄く力を注いでいますが、何よりも高性能に自信を持った
施工をしています。

                     「プラス」
            リ-ズナブルな価格で御提供しています^^


今度はガルバリウム鋼板についてもお話させて頂きますね~
[PR]
by avele_home | 2007-01-27 16:31 | メンテナンス費用軽減