家をつくる 社長のブログ
avelehome.exblog.jp

    avele Fairy Greet   社長日記。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
リンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
メンテナンス費用軽減 (外壁編)

前回に続きます・・・・・・
10年後には訪れるマイホ-ムメンテナンス。。。。

当社のお客様は20代~40代の年齢層が多く
35年ロ-ンを利用される方も少なくないです。

当初新築する時はまさか10年後に200万円近くのメンテナンス費用が発生するなんて
考えない方が大半ですし、何より施工業者が全く説明しないのが現状です。

そんな中、数ある建築ビルダ-の中から折角当社を選定して頂き・・・・・・

建ててお付き合いが終わりでは無く、建ててからのお付き合いなのに・・・・・・・

多額の費用が発生するメンテナンスの事を説明せず、施工する事に疑問を抱き・・・・・・

でも説明するだけでは何の解決にもならないと考えて様々な事を改善して来ました。。。。


今日は何故「ガルバリウム鋼板」を外壁に使用するのか?を少しお話したいと思います。

北海道ではほとんどの住宅を新築する際に「サイディング」を使用し施工しています。

サイディングは施工も簡単ですし、何よりコストが低く済む所に利点が有ります。

しかし、ほとんどのサイディング(高価なサイディングを除く)は板材と板材の間に「コ-キング」施工をしなければなりません。

e0099718_10293592.jpg


まずこの「コ-キング」の劣化が問題なんです。
写真にある真ん中のラインが「コ-キング」です。

コ-キングが劣化すると「ひび割れ」が起きます・・・・・・

するとそこから水が入り、木材を腐食させたり壁内のあらゆる材料に悪影響を及ぼし
結果的に住宅の寿命を縮める事になります。

南面の日当たりが良い面だと10年経たずに劣化します。

例えばこのコ-キングを再度施工する事になったらどんな費用がかかるか・・・・・・・

○足場施工

○コーキングをカッタ-で取り除く作業

○コーキング施工

○サイディング塗装

○サイディングの腐食部分張替え

○養生費

○諸経費

足場を折角かけるので屋根も一緒に塗装する事も多いです。

となると、200万円近く費用がかかります。


そこで当社は「コ-キング」の必要が無い

ガルバリウム鋼板を外壁に使用し施工しています。

(乾式タイルもコ-キングが必要無いですが、コストが高く一般住宅に使用することは難しいですし、センスの良い物になると更に高額です。)

e0099718_1040373.jpg
e0099718_10405519.jpg



ガルバリウム鋼板と言っても素材を見極めないと変色が多く・・・・・・

当社使用のガルバリウム鋼板はアルミ二ウムが55%入っていて、塗装も変色が
一番少ない素材のメ-カ-を選んでいます。

一昔前の亜鉛トタン(屋根に使用している物)はアルミが20%しか入ってなく10年経つと
錆が出ると言われていました。

でも当社使用のガルバリウムは屋根で使用しても10年保証している物で
しかもそれを壁に使用しているので、さらに耐用年数があります。

ガルバリウムで施工しメンテナンスをする場合は変化に応じ塗装するだけで済みます。

当社は確かにデザイン性も高める為にもガルバリウムを使用していますが
何より長きに渡り安心して暮らせる「いい家」をつくる為にガルバリウム鋼板を使用しています。

前回もお伝えさせて頂きましたがやはり一度ショウル-ムかモデルハウスへご来場下さい^^


今度またその他の「メンテナンス軽減」への取り組みについてもお話させて頂きますね。
[PR]
by avele_home | 2007-01-29 12:20 | メンテナンス費用軽減